【車好き必見】ガレージとカーポートの違いとは?メリット・デメリットや選び方を解説!

IMG_6737 (1) (1)
カーポートとガレージはどちらも車を保管するスペースですが、どのような違いがあるのでしょうか。
最近では、建物の1階に車を収納するタイプの家も多く見られます。
新築で注文住宅を建てるとき、どちらが最適なのか選択に迷うところです。
今回は、カーポートとガレージの違いや、それぞれのメリット・デメリット、後悔しない選び方についてくわしく解説します。
ガレージやカーポートを取り入れた実際の施工例も紹介しますので、ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

ガレージとカーポートの違いは?

ガレージとカーポートは、構造や設置にかかる費用などが違います。

名称構成設置費用の相場
ガレージ 3屋根と3方向以上の壁 車1台用:210万~230万円ほど
車2台用:320万~350万円ほど
カーポート 屋根と柱だけ 車1台用:40万~60万円ほど
車2台用:70万~90万円ほど

くわしく見ていきましょう。

ガレージとは?



ガレージとは、屋根と3方向以上の壁で囲まれた車庫です。
車の出入り口にシャッターを設置すれば全面を囲えるので、雨風を防ぎやすく、防犯性を強化できるのが特長です。
ガレージには単独で建てられる「独立型」と、建物の1階部分に組み込まれる「ビルトインガレージ型」の2種類があります。

独立型ガレージを設置する費用の相場は、工事費を含めて車1台用で210万~230万円ほど、車2台用で320万~350万円ほどで、工期は4週間ほどです。
基礎と屋根があり、3方向を壁に囲まれているガレージは、家屋としての要件を満たしているため、固定資産税の課税対象となります。

カーポートとは?



カーポートとは、屋根と柱だけで構成された駐車スペースです。
壁がない分、設置が簡単で、一般的には1~7日程度で取りつけられます。
設置費用の相場は、工事費を含めて車1台用で40万~60万円ほど、車2台用で70万~90万円ほどと、ガレージよりコストを抑えられます。
基本的に、固定資産税はかかりません。

それぞれのメリット・デメリットもチェック

ガレージとカーポートのメリット・デメリットは、次のとおりです。


ガレージカーポート
メリット ● 雨風にさらされない
● さまざまな用途がある
● 防犯性を強化できる
● コストが安い
● 敷地に合わせて取りつけられる
● 工期が短い
デメリット ● コストが高い
● 排ガスがこもりやすい
● 横からの雨や風の影響を受けやすい
● 防犯性が低い

順に見ていきましょう。

ガレージのメリット

ガレージを設置するメリットについて解説します。

雨風にさらされない

屋根と壁に囲まれているガレージは、雨や雪、風から車を守れます。
シャッターのあるガレージなら、台風などの強風で飛来物があっても車が傷つけられる心配もありません。
建物の1階に設置するビルトインガレージは、車と家を行き来する際、雨にぬれたり傘を差したりせずに済みます。

さまざまな用途がある



ガレージは車庫としてだけでなく、さまざまな用途に使えます。
DIYなどの趣味を楽しんだり家族でバーベキューをしたりと、天候の影響を受けないマルチスペースとして活用できます。
車のメンテナンス用品の収納や一時的なゴミの保管など、多目的に使えるでしょう。

防犯性を強化できる