NEWS

世帯年収400万円台でも、無理なくカッコイイ注文住宅が叶う!?

「私たちもそろそろ、理想のマイホームを。でもカッコイイ注文住宅は手が
届かないかも…」とお考えの方は、ジョイフルホームにご相談ください。
家づくりは様々な「情報」を味方に付けることで、
理想に近づけることができます。

そこで

理想のマイホームの大切な
ピースの一つが、

必ず、家づくりとセットで
考えてください。

老後の不安解消、安心できる幸せな暮らし

マイホームの資金計画には、絶対に押さえるべき5つのポイントがあります。
1.新生活に必要なお金の総額 2.借りられる額だけで考えない 3.生涯支出額 4.買い時を見極める 5.ライフプランシミュレーション

point1

新生活に必要な
お金の
"総額"を知る

家づくりには、どんな費用が、
どれだけ
必要かを「総額」で知っておく必要があります。

建物価格2100万円の住宅のば場合の総費用=建物価格2100万円+印紙代、登記費用、引っ越し費用、エアコン、インテリア、諸経費、付帯工事費

以下は参考費用の抜粋
(延床面積30坪の場合)
諸経費:300万円、付帯工事費:130万円、印紙代:8万円、登記費用:30万円、火災保険:40万円、引っ越し費用:15万円等々…。ジョイフルホームでは、「どんな家を建てるか?」の前に、住まいを建てる・建てないに関わらず、必要になる費用まで全部を含めた総額で家づくり予算を考えます。

point2

借りられる額だけで考えない

「今の収入で銀行から借りられる額」と
「無理なく返済できる額(現在の家賃などから想定される、希望返済額)
には、大きな開きがあります。

住宅ローンは、
「借りられる額」だけではなく
「無理なく返済できる額」も
一緒に算出することが大切です。

例えばAさん夫婦の場合
※銀行による査定 借りられる額:3,465万円 世帯年収:460万円 年収に対する借入限度率:35% 借入査定金利:3.0%
※現在と同じ家賃で返済希望 希望返済額月8万円 現在の家賃(毎月返済額):8万円 ボーナス返済額:0万円 実際の借入金利:0.6%
借入金額の目安(35年)借りられる額3,465万円(月13.4万円) 希望返済額3,030万円(月8万円)※本結果はあくまで参考情報です。

point3

生涯支出で
予算を考える

例えばAさん夫婦の場合

どちらの住まいが
リーズナブルでしょうか?

建物価格だけを見ると、
もちろん「A」の1800万円です。
しかし、暮らしに必要な
「光熱費」を加えて考えてみるとどうでしょう?

高性能住宅と一般住宅の総コスト比較(40年間)

A.一般の住宅=建物価格:1,800万円、ローン利息:486万円、光熱費:1,200万円、修繕・建て替え費:550万円、総コスト:4036万円 B.高性能住宅=建物価格:2,100万円、ローン利息:572万円、光熱費:624万円、修繕・建て替え費:550万円、総コスト:3846万円
高性能住宅の方が
約190万円も経済的
外気温に左右されにくく、冷暖房効率が高い高性能住宅は、暑い夏や寒い冬でも少ない冷暖房エネルギーで、快適な温熱環境を維持します。その結果、一般の住宅と比べて光熱費(ランニングコスト)を約43%も抑えることが可能です。多少コストがかさんでも、気密・断熱性能が高い住まいを「生涯支出」の発想で、求めることが大切です。浮いたコストは老後の資金になります。

※本結果はあくまで参考情報です。

point4

返済額だけでなく
費用負担が少なくすむ買い時を考える

「頭金が少ないけど、
今家を買うべきか…」
「頭金をある程度貯めてから
買うべきか…」
60歳になった時の残債の観点も
抑えながら、
生涯の住居費を含めて確認することが重要です。

購入タイミングの
違いによる比較例

  • 【今購入した場合】購入時期:今、物件購入費:3,200万円、ローン金利:1.5%、ローン返済期間:35年、現在の自己資金:100万円【頭金を貯めて購入する場合】購入時期:3年後、物件購入費:3,200万円、購入時のローン金利:1.5%、購入時の返済期間:35年、購入するまでの毎月家賃:8万円
  • <住居費総額の比較>いま購入した場合:4086万円 3年後に購入する場合:4,343万円
  • 【いま購入した場合】購入時自己資金:100万円、ローン返済額:3986万円、家賃支払い額:─、住居費総額:4,086万円、60歳時返済残高:797万円※ローン開始32歳【3年後に購入する場合】購入時自己資金:208万円、ローン返済額:3,847万円、家賃支払い額:288万円、住居費総額:4,343万円、60歳時返済残高:1,099万円※ローン開始35歳
  • このケースの場合「今」建てる方が良いことがわかります。
  • 場合によっては、
    早く購入した方が経済的に
    現在お住まいの家賃、頭金(貯金)の貯まるスピードなどによっては、早めに購入してしまった方が、トータルでコストが抑えられるケースがあります。上記の比較では、金利に差をつけていませんが、金利の変動具合によっては、さらに顕著に差が出てきます。購入するタイミングは高齢者になった時の残債にも大きな影響を与えるので、よくよく検討することが必要です。

    ※本結果はあくまで参考情報です。

point5

ライフプラン
シミュレーションを
してみましょう

経済的にムリが無い暮らしができ、
老後にもお金が残る資金計画を
シミュレーションしてみましょう!
住宅ローンで破産…。
そんな将来は辛すぎますよね。

<今回のモデルケース>夫:32歳(サービス業・正社員)妻:30歳(専業主婦)子ども:1歳(2年後に第2子を予定)年収:400万円現在の月額家賃:8万円 土地:なし(30坪で想定)想定総予算:4000万円(頭金100万円)※想定予算は土地+建物の総額

1st Simulation!
建てることができても、
将来破産の可能性大
この時点で想定していた資金計画は、土地代や建築費のみ。このままでは諸費用や引っ越し代金、家具など必要になる経費を加えると、シミュレーション当初から収支が大幅にマイナスとなり、将来、住宅ローン破綻の可能性大。また、リフォーム・修繕費用(一戸建て平均約550万円、マンション平均約290万円※1)や老後の生活費(24万円※2)も考えなくてはなりません。

※1リクルート「goodライフ&リフォーム」より
※2総務省統計局「平成21年家計調査年報」

arrow

2nd Simulation!
将来まで最適な
資金計画が完成
こちらのケースでは、子どもの成長に合わせて、夫婦共働きにしてみます。パート代(年収80万円)を組み入れることで、収支を大きく改善することができました。このように、現実的な共働きの年収を加算することで、ライフプランが大きく変わることもあります。

※本結果はあくまで参考情報です。

高いスキルを持つ有資格者を
はじめとした
スタッフが丁寧に対応します。

こうした5つのポイントをしっかり抑えた資金計画を、ジョイフルホームでは無料で実施しています。お客様が希望される資金計画の内容に応じて、専門的な知識を持つ熟練スタッフが提案させていただきます。当社にはキッズルームもございますので、お子様連れでもお気軽にご予約のうえ、お越しください。

Consultation Meeting!

相談ご予約はこちらから!

資金計画ご相談
ご来場予約フォーム

ご注意
  • 商品券のプレゼントは、初めてご来店の方のみとさせていただきます。
  • 未成年者様のみのご来場は対象外とさせていただきます。
  • アンケートにご協力いただく事が条件になります。

CONTACT US

住まいに関するご相談やお問い合わせがございましたら、
ジョイフルホームまでお気軽にお尋ねください。

お問い合わせ・カタログ・
資料請求フォーム

住まいに関するご相談やお問い合わせございましたらお気軽にお尋ねください。
ご希望の方にはジョイフルホームのことやプラン・仕様のわかるパンフレットと、
各モデルハウスの詳細情報が記載されたご案内をお送りします。

SAPPOROジョイフルホーム札幌

〒063-0812 札幌市西区琴似2条1丁目2-1
5588KOTONIビル4F

TEL:011-611-2233/FAX:011-611-2244
お電話でのお問い合わせ
0120-394-200受付時間 9:00〜17:00(年末・年始を除く)

ASAHIKAWA本社・ジョイフルホーム旭川

〒079-8424 旭川市永山14条3丁目
4番13号

TEL:0166-21-8300/FAX:0166-27-2866
お電話でのお問い合わせ
0120-372-635受付時間 9:00〜17:00(年末・年始を除く)
bnr_s05s bnr_s06s bnr_s01s bnr_s02s ダウンロード (3) ダウンロード (3)